Bio Sans
A super neutral sans-serif family
Bio Sans is a super neutral sans-serif family for text designed by Ryoichi Tsunekawa and the whole family consists of 6 weights from ExtraLight to ExtraBold and their matching Italics.
The basic concept of this family is the same as Bebas Neue which is our most popular free font and used all over the world, that is to say, Neutral, Natural, Minimal, Harmless, Super-flat, Transparent and Legible.
The basic skeleton of their letterform was designed geometrically and the sophisticated design gives them universality, neutrality and sense of unity for the use in all media, all purposes
and their large x-heights makes this family legible and readable even on small size screen.
Bio Sans supports almost all European languages: Western, Central, South Eastern Europeans and Afrikaans.
And proportional figures, superior figures, inferior figures, denominators, numerators, fractions, ordinals and case-sensitive-forms can be accessed by using OpenType features.

Bio Sansは、非常にニュートラルなサンセリフファミリーです。
エクストラライトからエクストラボールドまでの6つのウェイト(太さ)とそれに対応する斜体から構成されています。
このファミリーの基本的な基本的なコンセプトは、Dharma Typeの最も人気のあるフリーフォントであり、世界中で使われているBebas Neueと同じです。
つまり、ニュートラルで、自然で、ミニマルで、スーパーフラットで、透明感があり、読みやすいのです。
この書体の基本的な骨格は、幾何学的にデザインされており、その洗練されたデザインは、様々なメディアで様々な目的に使われても、普遍性、中立性、そして統一感を失いません。
また、大きなエックスハイトにより、小さな画面上でも読みやすく表示されます。
Bio Sansは、ほとんどのヨーロッパ言語をサポートしています。
オープンタイプ機能によって、プロポーショナルフィギュア、スーペリアフィギュア、インフェリアフィギュア、分母、分子、分数、序数、そしてケースセンシティブな字形にアクセスすることができます。