Compasse
Semi-condensed sans-serif family
Compasse is a semi-condensed sans-serif family designed by Ryoichi Tsunekawa and the whole family consists of 12 style: six weights from Thin to ExtraBold and their matching Italics. 
The range of styles provides flexibility for title, headline and body text. And the large x-heights increases legibility and readability. 
The basic skeleton of their letterform was not designed over-modularly but moderately semi-modularly (adjusted by designer’s experience). Therefore the typical artificiality and unnaturalness which come from module-design does not exist in this family. 
The sophisticated letterform and its universal, neutral, and standard design make it possible to be used across a wide range of applications in all medias, all purposes. 
Compasse supports almost all European languages: Western, Central, South Eastern Europeans and Afrikaans. And superior figures, inferior figures, denominators, numerators and fraction can be accessed by using OpenType features.

Compasseは、セミコンデンストサンセリフファミリーです。このファミリーは、12のスタイル-6つのウエィト(太さ)とそれに対応する斜体-から構成されています。
スタイルのバリエーションがあるので、タイトル、ヘッドラインそして本文と、柔軟に使うことができます。大きなエックスハイトによって、より読みやすく判別しやすくなっています。
基本的な骨格は程よい程度にモジュール化されており、過度なモジュール化によるぎこちなさがありません。それゆえに、モダンデザインに由来するある種の人工的な不自然さは、このファミリーは存在しません。
洗練された字形と、普遍的、中立的でスタンダードなデザインによって、様々な目的で、どんなメディアにも使うことができる字形です。
Compasseは、ほとんど全てのヨーロッパ言語をサポートしています。オープンタイプ機能によって、プロポーショナルフィギュア、スーペリアフィギュア、インフェリアフィギュア、分母、分子、分数、序数にアクセスすることができます。