Kaneda Gothic
New Condensed Gothic
Kaneda Gothic is a whole new basic gothic.
Philosophically, Kaneda Gothic is the one of the niche answers in the interspace between these antinomies.
Image of near-future and giant metropolis in 80s, 90s vs our real life in the 2010s,20s.
What we acquired by Industrial, scientific developments vs our emotional demands, imagination in our brain.
Design transition in short period of time vs the consistency of real function which laid along the human history.
Technically, Kaneda Gothic has a geometric letterform which called "gaspipe" or "Gothic" in woodtype era.
But Kaneda has very sharp curves and lines for contemporary demands, that is to say, impact and clearness.
Geometric and clear letterform is perfect for eye-catching part such like company logo, movie title and picture's captions.
Consists of seven weights and their matching italics. Supporting almost all latin languages.

全く新しい、ベーシックなゴシック体です。
哲学的には、Kaneda Gothicは相反するものの間を埋める1つの解とも言えます。
私たちが生きる2010年代、2020年代という現実世界に対して、80年代、90年代に想像されていた近未来や大都市。
工業や科学の発展によって私たちが獲得したものと、私たちが本心から求め、イメージするもの。
短期間で移ろうデザイントレンドと、人類の歴史とともにある変わることのない本質。
技術的には、木版時代に“ガスパイプ”や“ゴシック”と呼ばれていた幾何学的な字形を持つ一方で、
現代的な要求、つまりインパクトや明瞭さ、に応えるために、シャープなラインや曲線を持っています。
幾何学的で明瞭な字形は、ロゴや映画のタイトル、画像のキャプションのような、人目をひきたい箇所に最適です。
7つのウェイト(太さ)とそれに対応する斜体で構成されています。
ラテン系の言語のほぼ全てをサポートしています。