Kiro
A minimal, simple condensed sans-serif family
Kiro is a minimal, simple condensed sans-serif family designed by Ryoichi Tsunekawa and the whole family consists of 12 style: six weights from Thin to ExtraBold and their matching Italics.
The range of styles provides flexibility for title, headline and body text. And the large x-heights gives them legibility and readability. 
The basic skeleton was designed semi-modularly and the letterform was minimalized by removing their unnecessary stems. Their corners were finished with subtle rounded effect. 
The minimalized semi-modular design gives this family contemporary urbane taste and rounded corners make this family warm and friendly. 
Kiro supports almost all European languages: Western, Central, South Eastern Europeans and afrikaans. And superior figures, inferior figures, denominators, numerators and fraction can be accessed by using OpenType features.

Kiroは、ミニマムでシンプルなコンデンストサンセリフファミリーです。このファミリーは、12のスタイル-6つのウェイト(太さ)とそれに対応する斜体で構成されています。
たくさんのバリエーションによって、タイトル、ヘッドライン、文章などに柔軟に対応します。また、大きなエックスハイトが、文字を読みやすく、判別しやすくしています。
デザインの骨格は、セミモジュール式であり、字形は余計な部分を取り除くことによってミニマルに保たれています。文字の角は、わずかに丸みをつけて処理されています。
ミニマムな、セミモジュール化されたデザインによって、現代的で都会的なテイストとなっており、丸い角の処理は、あたたかみとフレンドリーさを付け加えています。
Kiroは、ほとんど全てのヨーロッパ言語をサポートしています。オープンタイプ機能によって、プロポーショナルフィギュア、スーペリアフィギュア、インフェリアフィギュア、分母、分子、分数、序数にアクセスすることができます。