Nothing
Dynamic script
The real handwriting script. Very powerful impression because of its heavy, wide and speedy shape. Award Winning No. 1 font 2007 at MyFonts.

Since its inception in mid-2006, Ryoichi Tsunekawa’s Flat-It foundry (Dharma Type) has published an impressive collection of script and display fonts.
Nothing, a name that is likely to cause confusion in some studios, is among their latest script faces. It’s been a hit ever since it came out in mid-August.
Its look is not so easy to describe: it’s spontaneous yet balanced, confident yet unassuming, elegantly connected yet technically simple.
It could have been hand-rendered with a brush by one of the few great American lettering artists working for Hollywood or Madison Avenue.
But as the PDF proudly states, it is from Nagoya, Japan – another winner from Flat-It, Dharma Type. —My Fonts

ハンドライティングスクリプトです。そのヘビーで、幅広のスピーディな形によってとても強い印象を与えます。MyFontsの2007年の年間賞と10月のライジングスターを受賞しています。
「2006年の創業から、Flat-it ファウンダリー(Dharma Type)は、印象的なフォントを発売してきました。Nothingは、その最新のフォントです。
聞いた人に戸惑を与えるかもしれない名前ですが、2007年の8月中旬からずっと売れ続けています。その印象は、表現するのが難しいものです。
のびのびとしているもののバランスは良く、自信に満ちている一方で気取らず、エレガントに見えるけれど技術的にはシンプルなのです。
ハリウッドやマディソンアベニューのために仕事をしているアメリカの偉大なレタリングアーティストによって手書きされたかのようにも見えます。
しかし、PDFデータが誇らしげに表しているように、このフォントは日本の名古屋のタイプファウンダリーFlat-it(Dharma Type)から発信されたのです。」MyFontsより。