Pero
The minimalized modular design
Pero is a condensed rounded sans-serif family designed by Ryoichi Tsunekawa and the whole family consists of 7 weights from ExtraLight to ExtraBold.
The range of styles provides flexibility for title, headline and body text. And the large x-heights add to legibility.
The basic skeleton of the letterform was designed modularly and minimalized by removing unnecessary stems and ends were rounded out.
The minimalized modular design gives this family contemporary urban taste and rounded corners make this family warm and friendly. This rounded feature will also accentuate your design work moderately.
Pero supports almost all European languages: Western, Central, South Eastern Europeans and afrikaans. And superior figures, inferior figures, denominators, numerators and fraction can be accessed by using OpenType features.

Peroは、丸みのあるコンデンストサンセリフファミリーです。エキストラライトからエキストラボールドまでの7つのウェイト(太さ)により構成されています。
スタイルのバリエーションがあるので、タイトル、ヘッドラインそして本文と、柔軟に使うことができます。大きなエックスハイトによって、より読みやすく判別しやすくなっています。
字形の基本的な骨格は、モジュール式にデザインされており、不必要な部分は除かれることによって最小化され、末尾は丸みを帯びています。
ミニマムなモジュラーデザインによって、現代的で都会的なテイストを持ち、丸みのあるデザインがあたたかさとフレンドリーさを与えています。この丸みを帯びているという特徴が、あなたの作品をほどよく際立たせます。
Peroはほとんど全てのヨーロッパ言語をサポートしています。オープンタイプ機能によって、プロポーショナルフィギュア、スーペリアフィギュア、インフェリアフィギュア、分母、分子、分数、序数にアクセスすることができます。