Quiet Sans
A super geometric sans-serif family
Quiet Sans is a super geometric sans-serif family for text designed by Ryoichi Tsunekawa and the whole family consists of 6 weights from ExtraLight to ExtraBold and their matching Italics. 
The basic concept of this family is not only to make crisp, sharp and strong impact by geometric letter form but also to be legible and readable even on small size screen by their sophisticated design. 
Quiet Sans supports almost all European languages: Western, Central, South Eastern Europeans and Afrikaans. 
And proportional figures, superior figures, inferior figures, denominators, numerators, fractions, ordinals and case-sensitive-forms can be accessed by using OpenType features.

Quiet Sansは、スーパージオメトリックサンセリフファミリーです。
エクストラライトからエクストラボールドまでの6つのウェイト(太さ)とそれに対応する斜体で構成されています。
このファミリーの基本的なコンセプトは、、幾何学的な字形によって、はっきり、くっきりとした強いインパクトを作り出すことだけではなく、洗練されたデザインによって、小さな画面でも読みやすく表示されることです。
Quiet Sansは、ほとんど全てのヨーロッパ言語をサポートしています。
オープンタイプ機能によって、プロポーショナルフィギュア、スーペリアフィギュア、インフェリアフィギュア、分母、分子、分数、序数、そしてケースセンシティブな字形にアクセスすることができます。