Siro
Neutral, natural and clean impression
Siro is a large x-height sans-serif family for text designed by Ryoichi Tsunekawa and the whole family consists of 7 weights from ExtraLight to Heavy and their matching Italics. 
The basic skeleton of their letterform was designed simply to create neutral, natural and clean impression and their very large x-height makes this family legible and readable even on small size screen. 
Siro supports almost all European languages: Western, Central, South Eastern Europeans and Afrikaans. 
And proportional figures, superior figures, inferior figures, denominators, numerators, fractions, ordinals and case-sensitive-forms can be accessed by using OpenType features.

Siroは、大きなエックスハイトサンセリフファミリーです。
エクストラライトからヘビーまでの7つのウェイト(太さ)とそれに対応する斜体で構成されています。
この字形は、中立的で自然な、クリーンな印象を作り出すためにデザインされました。
その大きなエックスハイトが、小さな画面上でも字を読みやすく保っています。
Siroはほとんど全てのヨーロッパ言語をサポートしています。
オープンタイプ機能によって、プロポーショナルフィギュア、スーペリアフィギュア、インフェリアフィギュア、分母、分子、分数、序数、そしてケースセンシティブな字形にアクセスすることができます。